ポケットWi-Fiとは?仕組みやメリット・デメリットなど徹底解説

どんな場所でパソコンやスマホ、ゲームなどをインターネットに接続できるポケットWi-Fi。ポケットWi-Fiには回線の種類や月額料金、キャンペーンなどさまざまな特徴があります。

実際にポケットWi-Fiを利用したいと思っても、いまいち仕組みやメリットが分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はポケットWi-Fiとは何かについて詳しく解説します。仕組みやメリット・デメリットも紹介しています。

この記事でポケットWi-Fiの特徴について理解できますよ。

ポケットWi-Fiとは?仕組みを解説

そもそもポケットWi-Fiはどういったものなのか。用語や仕組みについて解説していきます。

そもそもWi-Fiとは?

ポケットWi-Fiとは?仕組みを解説

Wi-Fiは「The Standard for Wireless Fidelity」を省略したもので、無線通信によってお互いに通信ができるようになる規格の名前です。

Wi-Fiに接続するための専用端末「Wi-Fiルーター」を通じてネットワークに接続することでパソコンやスマホ、ゲームなどでインターネットを利用することができます。

Wi-Fiという規格が登場したことで、異なるメーカー間の通信が可能となりました。

ポケットWi-Fiとは?

ポケットWi-Fiとは?仕組みを解説

ポケットWi-Fiは、持ち運びできる小型のネット通信ができる端末で「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれています。2009年に国内初のモバイルWi-Fiルーターはワイモバイルから発売されました。

初めて発売された端末の名称が「Pocket WiFi D25HW」であるため、モバイルWi-Fiルーターは総称してポケットWi-Fiと呼ばれています。

 ポケットWi-Fiは、光回線などのWi-Fiと異なり、ケーブル不要でインターネットへの接続ができます。

ポケットWi-Fiのインターネットへの接続を可能にしているのが4GLTEなどの「移動体通信回線」というものです。

auやドコモなどの基地局からの電波をポケットWi-Fiが受信、それぞれのスマホやパソコンに無線LANとして電波を送っています。

ポケットWi-Fiで利用する回線

ポケットWi-Fiは主に以下の4つのタイプの回線を受信して無線LANとしてインターネットを利用できるようにします。

ポケットWi-Fiで利用する回線
  1. au・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリア
  2. WiMAX
  3. 楽天回線
  4. クラウドSIM

1.au・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリア

ポケットWi-Fiで利用する回線

au・ドコモ・ソフトバンクのいわゆるキャリアと呼ばれる大手の携帯電話会社は日本全国に基地局を持っています。

これらのキャリアの回線を利用しているポケットWi-FiはLTE(Long Term evolution)という通信を利用していて、スマホで使われているものと同じです。

主な通信速度は150〜1,288Mbpsです。

大手キャリアの通信を利用しているポケットWi-Fiのメリットは通信エリアが広く繋がり安いという点です。

「プラチナバンド」という周波数帯を利用していて、電波が遮られにくく安定した通信が可能となっています。

2.WiMAX

ポケットWi-Fiで利用する回線

WiMAX(ワイマックス)とは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、UQコミュニケーションズが提供している回線です。現在は「WiMAX 2+」という種類の回線が使われています。

 大手キャリアのLTE通信とおなじく、日本全国で通信が可能です。

WiMAXを提供している会社の多くがキャッシュバックや料金割引さまざまなキャンペーンを実施します。

お得なキャンペーンを選ぶことで、利用料金をより安くすることができます。

3.楽天回線

ポケットWi-Fiで利用する回線

大手通販サイトとしてお馴染みの楽天は2019年10月から独自の回線を用いた携帯通信サービスをスタートしました。

スマホの通信として利用できるのはもちろん、ポケットWi-Fiのサービスも行っています

楽天回線エリア外では、パートナー回線としてauの回線が利用できます。

楽天回線のポケットWi-Fiは自社サービスの楽天モバイルから申し込むことが可能です。料金が比較的安く、楽天回線内であればデータ無制限で利用できます。

現状では楽天回線エリアはまだ通信エリアがあまり広くなく、地方では繋がりにくいというデメリットもあります。今後通信エリアは拡大予定です。

4.クラウドSIM

ポケットWi-Fiで利用する回線

クラウドSIMとは、通信に必要なSIMカードをクラウドサーバーで管理している次世代の通信技術です。つまり、クラウドSIMのポケットWi-Fiは、物理的なSIMカードが不要となります。

 クラウドSIMは、au・ドコモ・ソフトバンクの3大キャリアの回線が利用できる点が特徴です。

メリットは、比較的安く大容量の料金プランが利用できる点です。クラウドSIMタイプのポケットWi-Fiの多くが月間100GB使用できるプランなどを提供しています。

一方で、デメリットは3大キャリアの回線を使えるものの、一部を提供しているので速度が落ちてしまうことがあることがあげられます。

ポケットWi-Fiで得られる5つのメリット

ポケットWi-Fiのメリット
  • 工事不要で設置が簡単
  • 家でも外でも使える
  • 月額料金がおトク
  • スマホの料金を抑えることができる
  • セキュリティ面で安心

1.工事不要で設置が簡単

ポケットWi-Fiのメリット

ポケットWiFiのメリットとしてまず工事不要で設定が簡単という点があります。光回線の場合は、家の近くにある電柱などから自宅に光ファイバーケーブルを引く設置工事が必要です。

なので、光回線は申し込みから開通(使えるようになるまで)までおよそ1か月程度必要で、新規回線の場合は1万円から3万円程度の工事費が発生してしまいます。

他にも光回線では、立ち合いやルーターの設定などを行う必要があります。

一方、ポケットWiFiは申し込み後、ルーター端末が到着次第すぐに利用開始可能です。

無線での通信なのでもちろん回線工事は必要ありません。多くの場合、初期費用は契約事務手数料3,300円(税込)と初月の日割り料金です。

2.家でも外でも使える

ポケットWi-Fiのメリットアイキャッチ画像を設定

ポケットWi-Fiのメリットは、ルーターを持ち運び可能なので自宅はもちろん外出先でもWi-Fiに接続して高速通信ができます。

通信回線や通信する地域や場所によって速度は異なりますが、電波さえ届けばインターネットに接続できます。

最近では、フリーWi-Fiも増えていますが、回線が不安定なうえセキュリティ面でも不安です。

ポケットWi-Fiひとつあれば、旅行先や出張先でもパソコンやスマホで動画やネットサーフィンを高速通信で楽しむことができます。

3.月額料金がおトク

格安SIMのメリット

ポケットWiFiは光回線と比べると月額料金を安く抑えることができます

光回線の月額料金は一般的に4,000〜6,000円程度のものが多いのですが、ポケットWiFiはデータ容量を選ぶことができ1,000円台から利用できます。

 自分の利用状況に応じてデータ容量を選べる点もポケットWi-Fiのメリットです。

ポケットWi-Fiではキャッシュバックや料金割引などの多くのキャンペーンも実施しています。自分にあったキャンペーンを適用することで月々に料金をさらにお得にできます。

期間限定のものもあるのでぜひチェックしてみてください。

4.スマホの料金を抑えることができる

格安SIMのメリット

ポケットWi-Fiを利用することでスマホのデータ量を節約することができる点メリットです。スマホのデータ量を節約することで、スマホの料金も抑えることができます

光回線などの固定通信の場合は外出先ではスマホの通信を利用しなければなりません。

ポケットWi-Fiなら外出先でもWi-Fiを利用できるのでスマホの通信を節約することができます。

5.セキュリティ面で安心

ポケットWi-Fiのメリット

ポケットWi-FiはSSID(無線電波の名称のこと)とパスワード、通信の暗号化によってセキュリティが守られています。

近年では公共施設や飲食店などでもフリーWi-Fの設置が増加していますが、どんな人でも無料で使用可能なフリーWi-Fiは、盗聴やのぞき見などの可能性が考えられます

フリーWi-Fiで会社のアカウントやSNSへのログインを躊躇する人も多いのではないでしょうか。

フリーWi-Fiの使用によって、悪意のある人物に個人情報や大切な情報の流失、アカウント乗っ取りにあう危険性があります。

最近ではフリーWi-Fiを装ったなりすましWi-Fiというものもあり、誤って接続してしまうと何を見ているかなどが筒抜けになってしまいかねません。

セキュリティ面ではポケットWi-Fiの方が安心して利用できます。

ポケットWi-Fiで注意すべき4つのデメリット

ポケットWi-Fiのメリット
  • 回線が不安定なことがある
  • 通信が制限される(完全無制限でない)
  • 契約期間内での解約は違約金が発生
  • 複数端末での接続には向かない

1.回線が不安定なことがある

格安SIMのデメリット

ポケットWi-Fiは、スマホと同じように基地局から電波を拾って通信する仕組みです。

電波が届く通信エリア内であればどこでも通信できますが、電波状況によって回線が不安定になるというデメリットがあります。

最大速度などを比べても光回線の方がポケットWi-Fiよりも速度は優秀です。

オンラインゲームや4K動画など安定した通信速度が求められる場合では、ポケットWiFiよりも光回線の方がおすすめです。

通常の動画視聴やネットサーフィンなどではポケットWi-Fiでも問題ありません。

2.通信が制限される(完全無制限でない)

格安SIMのデメリット

ポケットWi-Fiを広告やCMなどで見かけるとき「無制限」や「使い放題」という言葉を目にするかと思います。しかし、実際は完全な無制限ではなく”実質無制限”です。

例えばWiMAX回線の無制限プランは「直近3日間のデータ使用料が10GB以上の使用で速度制限」などの短期間の制限が設けられています。

楽天モバイルは、楽天回線内での使用のみデータ無制限で利用できます。

他にもクラウドSIMタイプの無制限プランは通常よりも低速通信になるなどの条件があるので、無制限で利用したい人は事前に条件をよく確認しなければなりません。

3.契約期間内での解約は違約金が発生

格安SIMのデメリット

多くのポケットWi-Fiの料金プランには2年契約以など契約期間縛りが設けられているのが一般的です。この契約期間内で解約してしまうと違約金が発生してしまう点もデメリットです。

基本的にはポケットwi-fiの契約期間は2~3年のものが多く一度契約したら、2~3年は使い続けなければならないということになります。

途中解約の違約金の相場だいたい10,000円から20,000円程度のもの多いです。

違約金や契約期間については契約の前にきちんと確認しておきましょう。最近では縛りのないプランや違約金が発生しないようにできる追加オプションもあります。

初めてで長く継続利用できるか不安な人は、違約金の発生しないプラン縛りのないプランを選ぶことをおすすめします。

4.複数端末での接続には向かない

格安SIMのデメリット

ポケットWi-Fiは複数端末での同時接続には向いていません

ポケットWi-Fiは1台ごとの1秒間で送信できるデータの量があらかじめ決められていて、同時に複数の端末で使用すると台数が多ければ多いほど通信速度が遅くなってしまうのです。

家族など複数人で利用する場合にはあまりおすすめできません。

家族やルームメイトなど1つの端末を複数人で利用する場合には、光回線の方が良いでしょう。もし、工事の関係などで光回線を利用できないという人はホームルータがおすすめです。

ホームルーターは、ポケットWiFiと同じ方式のWi-Fiですが、コンセントに繋ぐ据え置きタイプのWi-Fiなので、持ち運びはできないもののポケットWiFiよりも回線が安定します

ポケットWi-Fiおすすめ3選!

UQ WiMAX

UQWiMAX

「UQ WiMAX」は、実質無制限の2つのプランがあります。WiMAX2+にauのLTE回線が利用できる「ギガ放題プラン」と5G対応のギガ放題「ギガ放題プラスプラン」です。

5G対応のギガ放題「ギガ放題プラスプラン」は、「WiMAX +5G はじめる割」適用で25ヶ月の毎月550円(税込)割引きされます。

UQ WiMAXの特徴
  • 2つの実質無制限の料金プラン
  • ギガ放題プランはずっと同じ料金
  • 15日間無料でお試しができる「Try WiMAX」

UQ WiMAXは「Try WiMAX」という15日間無料でお試しができます。工事不要のホームルーターやモバイルルーターを実際に使用してみることができます。

UQ WiMAXの契約年数は2年間です。

5Gは対応エリアは、一部地域に限られているので公式サイトなどでエリアを確認してみてください。

月額料金(税込) 【ギガ放題】4,268円
【ギガ放題プラス】
25ヶ月間:4,268円
割引後:4,818円
回線 WiMAX 2+/au回線
初期費用(税込)
*自動更新ありの場合
事務手数料:3,300円
速度制限の条件 3日間10GB(ギガ放題プラスは15GB)利用で速度制限
主なキャンペーン Try WiMAX:15日間無料でお試し
主なオプション(税込) LTEオプション:1,105円/月
端末補償サービス:418円/月
解約違約金(税込)

13ヶ月以内:19,000円
14ヶ月以降:14,000円
26ヶ月以降:9,500円
更新月:無料
※プランにより異なる

データ容量上限 上限なしプランあり

出典:https://wimax-broad.jp/

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX+2

「BIGLOBE WiMAX」はサービス開始月の月額料金0円で契約期間が1年と比較的短く、はじめての人にもおすすめのポケットWi-Fiです。

5G対応プランも登場し、2つのプランから選ぶことができます。

BIGLOBE WiMAXの特徴
  • データ端末と同時申し込みで17,000円(税込)キャッシュバック
  • 1年契約・自動更新なし
  • 5G対応プランなら24ヶ月間毎月割引

「BIGLOBE WiMAX +5G」なら24ヶ月間、BIGLOBE WiMAX 2+ ギガ放題(1年)と同じ料金で5G通信が利用できるキャンペーンがあります。

サービス開始日の翌月から12ヶ月間は契約解除料として税込1,100円が発生するので注意が必要です。

支払い方法はクレジットカード口座振替の2つから選べます。口座振替の場合、代金引換手数料440円(税込)がかかります。

月額料金(税込) 【BIGLOBE WiMAX 2+ ギガ放題(1年)】
サービス開始月(0カ月目) :0円
1カ月目〜:4,378円/月【BIGLOBE WiMAX +5G】
サービス開始月(0カ月目) :0円
1〜24カ月目:4,378円/月
25ヶ月目以降:4,928円/月
回線 WiMAX 2+/au回線
初期費用(税込) 申込手数料:3,300円
データ端末代:21,120円
速度制限の条件 3日間10GB(5G対応プランは15GB)利用で速度制限
主なキャンペーン
*ギガ放題(1年)の場合
データ端末と同時申し込みで17,000円(税込)キャッシュバック
主なオプション(税込) セキュリティセット・プレミアム:418円/月
解約違約金(税込)

12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
更新月:無料
※プランにより異なる

データ容量上限 上限なしプランあり

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/?cl=head_wimax

カシモWiMAX

カシモWiMAX

「カシモWiMAX」は、「ライトプラン」と「ギガ放題プラン」、5G対応の「5Gギガ放題プラン」の3つのプランがあります。

ギガ放題プランは、月々のデータ容量を実質無制限で利用することが可能です。

カシモWiMAXの特徴
  • 実質無制限のギガ放題プランが月額3,971円(税込)〜
  • ルーター端末代金0円
  • 3年間特典総額最大69,103円(税込)相当お得

「ギガ放題プラン」は3年間契約するなら、22,000円(税込)相当の端末代金が無料月額料金は47,103円(税込)相当値引きされます。

契約年数は3年です。37ヶ月目が更新月で、更新月の以外の解約は契約解除料が発生するので注意しましょう。

月々のデータ容量に上限はありませんが、3日間10GBの利用で速度制限があります。

月額料金(税込) 【ギガ放題プラン】
初月:1,528円
1ヶ月目以降:3,971円
回線 WiMAX 2+/au回線
初期費用(税込) 契約事務手数料:3,300円
速度制限の条件
*ギガ放題プランの場合
3日間10GB利用で速度制限
主なキャンペーン 端末代金無料
月額料金値引き
主なオプション(税込) 端末修理保証:330円/月〜
解約違約金(税込)

12ヶ月以内:20,900円
13~24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
更新月:無料

データ容量上限 上限なしプランあり

出典:https://www.ka-shimo.com/wimax

ポケットWi-Fiの仕組みについてよくある質問

ポケットWi-Fiの仕組みとは?
ポケットWi-Fiは、auやドコモなどの基地局から電波を受信してスマホやパソコンにケーブル不要で電波を送信することができます。

回線はスマホなどの通信とおなじく、4GLTEなどの「移動体通信回線」というものを利用しています。

ポケットWi-Fiで利用する回線は?
大きく4つに分類できます。「au・ドコモ・ソフトバンクなどの大手キャリア」、「楽天回線」、「WiMAX」、「クラウドSIM」です。

クラウドSIMは、SIMカードをクラウドサーバー上で管理している通信技術で、3大キャリアの回線で接続しやすいものに自動で接続する方式を取っています。

ポケットWi-Fiは導入しやすい?
光回線と異なり、ポケットWi-Fiはスマホなどの通信と同じ方法なので工事不要で設定が簡単です。また、端末到着後すぐに利用を始められます。

また、通信エリア内であれば外出先でも使用することができるというメリットもあります。

ポケットWi-Fiは月額料金安い?
ポケットWi-Fiはプラン内容によってデータ容量を選ぶことができるので、1,000円台から始めることができます。

また、キャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンも実施しています。

ポケットWi-Fiの回線速度は光回線と同じ?
基本的には光回線の方が速度は速いです。

ポケットWi-Fiは基地局から電波を拾っているので、電波が届くエリアであればどこでも通信できますが、電波状況によっては回線が不安定になることがあります。

契約期間内に解約するとどうなる?
多くのポケットWi-Fiには2年契約や3年契約などの契約期間が定められていて、この期間内に解約すると、およそ1万〜2万円程度の違約金が発生してしまいます。

しかし、最近では契約期間の縛りをなくすことができる追加オプションや元々縛りがなくいつでも解約できるプランが登場しています。

データ使用量無制限で利用できるポケットWi-Fiはある?
現在、完全無制限で利用できるポケットはありません。WiMAXのポケットWi-Fiは「直近3日間合計〇〇GB以上利用で速度制限」などの条件があります。

他にも楽天回線は楽天エリア内のみ無制限、クラウドSIMでは通信速度が遅い状態での無制限など完全無制限ではなく実質無制限という形をとっています。

まとめ

今回はポケットWi-Fiの仕組みやメリット・デメリッについて紹介しました。メリットは以下の5つがあげられます。

ポケットWi-Fiのメリット
  • 工事不要で設置が簡単
  • 家でも外でも使える
  • 月額料金がおトク
  • スマホの料金を抑えることができる
  • セキュリティ面で安心

    一方で、「回線が不安定なことがある」「通信が制限される(完全無制限でない)」などのデメリットもあります。

    メリットやデメリットを踏まえたうえで、自分にあったポケットWi-Fiを選んでください。

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事