格安SIMとは何かわかりやすく解説|始め方・メリット・デメリット

多くのメディアで話題を集めている格安SIM。格安SIMに乗り換えることでスマホの月々の料金を大きく抑えることができます。

そんな格安SIMに乗り換えたいと思っていても、仕組みや申し込みの方法がわからないという人も少なくないはずです。

そこで今回は格安SIMとはどういったものなのか、格安SIMの基本について解説します。

格安SIMのメリットやデメリットなども紹介しています。乗り換えを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

格安SIMとは?基本知識をわかりやすく解説

ここでは、格安SIMとなは何か基本的な情報を簡潔にまとめて紹介します。なぜ料金を安く抑えられるのかについても触れているので、ぜひ読んでみてください。

格安SIMとは?

格安SIMの基本

格安SIMは、auやドコモ、ソフトバンクなどのキャリアと呼ばれる大手の携帯電話会社よりも比較的安い料金で利用できる携帯電話サービスのことです。

現在キャリアで契約をしていてもう少し毎月の料金を安くしたいという人やデータ容量が毎月余ってしまって勿体ないと思っている人は乗り換えを考えてみてはいかがでしょうか。

格安SIMは料金を抑えて自分の利用状況に合ったデータ容量を利用するのに適しています。

そもそもSIMってなに?

格安SIMの基本

まずは、そもそもSIMがどういうものかについて説明します。SIMは、「Subscriber Identity Module」の略で、意味は加入者固有番号です。

SIMつまり加入者固有番号は、回線を提供する通信事業者がサービスに加入者にサービスを提供できるように個人を識別するために必要な番号です。

 SIMカードは個人を特定するために必要なので、同じ番号を持っている人はいないということになります。

SIMカードが入っていないスマホは通信事業者からサービスを提供されないのでWi-Fiを利用しなければインターネットを使えません。

SIMカードを入れることでスマホに電話番号が付与されて、通話も利用できるようになります

格安スマホは、「格安SIMを使用しているスマホ」と「携帯会社が販売している安いスマホ」の2種類があります。

MVNOとは

格安SIMの基本

格安SIMへの乗り換えについて調べて行くと「MVNO」という言葉を目にするかと思います。MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略で「仮想移動体通信事業者」を意味しています。

MVNOは、auやドコモ、ソフトバンクなどの独自回線を持つキャリアと呼ばれる携帯電話会社から一部の回線を借りて、利用料金の安い格安SIMを提供しています

日本ではMVNOは2001年に初めて登場しました。現在では多くの会社がMVNOとして格安SIMを提供しています。

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMの基本

大手キャリアの月額料金は毎月5,000円程度、高い人では7,000円以上もかかってしまう場合もありますが、格安SIMはその半分の3,000円程度で利用できます。

MVNOでは安い料金プランの場合、1,000円以下で利用できるものもあります

 格安SIMが安い理由は、大手のキャリアに比べて人件費や宣伝広告費を抑えられているからだと言われています。

また、自社の回線を持っておらず、大手携帯会社から回線をレンタルしているので維持費や保守費用などをカットできていてユーザーの利用料金を抑えられています。

大手キャリアと比べると、店舗の数も少なくWebからの申し込みが主流なので人件費を抑えることができています。

格安SIMの特徴

格安SIMの特徴
  • SIMカードのタイプを選べる
  • 電話番号はそのまま乗り換えられる

SIMカードのタイプを選べる

格安SIMの特徴

格安SIMにはSIMカードのタイプが選べるという特徴があります。データ通信のみやデータ通信と音声通話機能が付いたものなどがあります。

それぞれが提供しているプラン内容によりますが、自分の利用状況に応じてSIMのタイプが選択可能です

 最近では、新しいSIM規格として「eSIM」というものも登場しました。

eSIMはスマートフォンなどの端末自体にあらかじめ内蔵されたSIMです。

これまでのSIMカードと異なりインターネットで購入したSIMカードが届くのを待つことや、SIMカードを取り替えるなどの設定はありません。

eSIMは、Webサイトなどからプランを申し込めばすぐに通信を利用できるようになります。

電話番号はそのまま乗り換えられる

格安SIMの特徴

格安SIMは、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)というシステムを利用することで、乗り換え前に使っていた電話番号をそのまま使うことができます。

現在利用している電話番号のまま使いたい場合は、乗り換え前に契約している携帯電話会社で手続きをして、MNP予約番号を発行しましょう

MNP予約番号は、発行日から15日間の有効期限があるので、MNP予約番号を発行したら早めに手続きをして乗り換えましょう。

格安SIMを申し込む場所・契約時に用意するもの

どこで申し込める?

格安SIMの始め方

格安SIMはおもに以下の3つで申し込むことができます。

  • インターネット
  • 店舗
  • 家電量販店

格安SIMを提供するMVNOは大手キャリアに比べると店舗の数が少ないのでWebからの申し込みをすることが一般的です。

店舗のあるMVNOは、店舗に行って直接申し込みすることができるので、初めての申し込みで不安があるという人には店舗がおすすめです。

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店にも受付のカウンターが出しているMVNOもあります。

用意するもの

格安SIMの始め方

格安SIMへ乗り換える場合はおもに次の3つを用意しましょう。

  • 使用するスマホ
  • 乗り換えるSIMカード(SIMピン)
  • MNP予約番号

格安SIMで使用するスマホを用意します。現在のスマホのまま乗り換えを検討している人は、乗り換え先のSIMカードで動作するか動作確認端末をホームページで確認しておきましょう

また、携帯電話番号を次の格安SIMでそのまま利用したい場合はMNPの予約番号が必要になるので事前に手続きが必要です。

SIMカードの抜き差しにはSIMピンが必要です。ピンが端末に付属していない場合は別途用意しておきましょう。

格安SIMを契約する際の手順

格安SIMを契約する際、今使っているスマホをそのまま使うか新しく買い換えるかによって細かな手順が変わります。ここではそれぞれ具体的にポイントを解説します。

いまのスマホのまま格安SIMに乗り換える場合

格安SIMの始め方

いまのスマホのまま格安SIMに乗り換える場合は、SIMロックの解除が必要な場合があります。

例えばドコモで契約していたスマホをauやソフトバンクの回線を利用している格安SIMで利用するには、SIMロックの解除するという手続きが必要になります。

 SIMロックの解除は、携帯会社の店舗やホームページから手続き可能です。

いまのスマホに対応した回線の格安SIMに乗り換える場合は、SIMロックの解除は必要ありません。

もしSIMロックの解除が面倒だと感じる人は、現在利用しているキャリアに対応したSIMカードと契約することをおすすめします。

SIMロックの解除以外には、MNPの切り替えを行えば利用開始できます。

スマホも新しく乗り換える場合

格安SIMの始め方

格安SIMと同時にスマホも乗り換える場合は、SIMロック解除の手続きがないので分かりやすいです

まずは料金プランと購入する機種を決定して申し込みをします。申し込みが完了したらMNPの切り替え手続きを行って、SIMカードを新しい端末に挿入して各種設定を行います。

新しいスマホやSIMカードが到着せずに解約してしまうとスマホを使えない期間あるので、解約のタイミングには注意しましょう。

格安SIMのメリット

格安SIMのメリット
  • 月額料金が安い
  • 豊富な料金プラン
  • お得なキャンペーンや特典

月額料金が安い

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットなんと言っても月額料金が安いということです。キャリアに比べると各MVNOがお得な料金プランを提供しています。料金プランを見直したいという人は、乗り換えを検討してみてください。

同じデータ容量でも月額料金は異なるので、MVNOを比較してお得なプランを選びましょう。

豊富な料金プラン

格安SIMのメリット

格安SIMは、豊富な料金プランを提供しているので、自分に合った料金プランを選ぶことができます

MVNOでは、1GBから50GBを超える料金プランまであるので、スマホをたくさん使う人にもあまり使わない人にもおすすめです。

現在の自分のスマホの利用状況を調べて、多すぎず少なすぎない料金プランを選ぶようにしましょう。

お得なキャンペーンや特典

格安SIMのメリット

格安SIMは基本料金が安いだけでなく、大手に負けないお得なキャンペーンや特典があります。

キャンペーンの内容はキャッシュバックや月額料金の割引、オプション料金が期間中無料になるなどMVNOによってそれぞれです。

キャンペーンや特典にはあらかじめ終了時期や適用条件が定められているので、契約前に確認しておく必要があります。

格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリット
  • 大手よりサポートが受けづらい
  • 通信速度が低速になることがある
  • キャリアのメールアドレスが使えなくなる

大手よりサポートが受けづらい

 

格安SIMのデメリット

格安SIMは、大手よりもサポートが受けづらいというデメリットがあります。

格安SIMを提供しているMVNOは店舗が少なく、基本的に申し込みや手続きはWebからになってしまうので、初めての人はわかりにくいこともあるかもしれません。

店舗を持っている格安SIMもあるので、初めてで不安という人は店舗での申し込みがおすすめです。

通信速度が低速になることがある

格安SIMのデメリット

格安SIMは大手キャリアから一部の回線を借りているためどうしても速度が遅くなってしまうことがあります

とくに朝の通勤時間帯や夕方から夜にかけての帰宅ラッシュ時には利用者が増えて回線が混雑し、速度が通常よりも遅くなりやすいです。

格安SIMを契約するときは、利用料金も大切ですが、通信速度にも注意して選びましょう。

キャリアのメールアドレスが使えなくなる

格安SIMのデメリット

キャリアから格安SIMに乗り換えると、これまで使用できていた「〇〇@docomo.ne.jp」などのキャリアのメールアドレスが使用できなくなります。

キャリアのメールアドレスが使えなくなってしまうので、Googleなどのフリーメールの用意をしておきましょう。

キャリアメールでログインが必要なサイトに会員登録している場合は、乗り換える前に会員情報の変更を忘れずにしておくことも大切です。

格安SIMに乗り換えるときの注意点

格安SIMに乗り換えるときの注意点
  • 解約時期や契約更新月
  • スマホを利用できない時期が発生する
  • SIMロックの解除を忘れる

解約時期や契約更新月

大手キャリアの場合、基本的には2年契約や契約期間の自動更新というところが多く、利用者一人一人に契約更新月というものが定められています。

契約更新月以外での解約は違約金や解約手数料が発生してしまいます。現在契約しているプランの契約更新月はあらかじめ確認しておきましょう。

また、違約金を払ってもすぐに格安SIMに乗り換えた方が安く済むという可能性も十分にあるので一度計算してみてください。

スマホを利用できない時期が発生する

現在利用しているプランを解約して新しい格安SIMに契約したものの、到着までに時間がかかりどちらのスマホも利用できないということが起きないように注意しましょう。

新しいSIMが到着するまで、モバイル通信や通話が利用できなくなってしまいます。

とくに解約時には、新しいスマホがすぐに利用できるか確認した上で解約の手続きをしましょう。

SIMロックの解除を忘れる

SIMロックの解除を忘れてしまったことで乗り換えた格安SIMが使えないということもあります。

格安SIMによっては以前のスマホと同じ回線を利用できない場合もあるので、事前のSIMロック解除を忘れずにしておきましょう。

解約後でも一定期間であればSIMロック解除できる場合もあるので、各携帯電話会社のサポートに問い合わせてみてください。

格安SIMおすすめ3選

大手キャリアから初めて格安SIMに乗り換える場合、どこを選ぶべきか迷ってしまいます。ここでは、おすすめの格安SIMを厳選して3つ紹介します。

特徴やおすすめポイントなど詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

UQモバイル

UQモバイル

月額料金 1,628円〜
初期費用 3,300円
通話料 22円/30秒
解約金・違約金 プラン・契約月により異なる

出典:https://www.uqwimax.jp/
※価格はすべて税込金額です。

UQモバイルは、auのサブブランド的立ち位置のMVNOです。auの通信設備を利用しているので、混雑時でも比較的通信速度は安定しています。

上の表で紹介したように、節約モードがついていることが特徴です。節約モードであれば、高速通信容量は消費されません。

メールやSNSなど別に通信速度を必要としない通信時には、節約モードで高速通信容量を温存できます。

また、通話オプションを用意しているので、音声通話もしたい人におすすめ。しかも、さまざまな選択肢があるので、自分にあったものがみつけやすいです。

格安SIMのサービスですが、全国にあるUQモバイル取扱販売店「UQスポット」で説明を聞けるので、サポート体制は充実しているといえるでしょう。

UQモバイルの料金プラン

コース名/内容 くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
月額 1,628円 2,728円 3,828円
データ容量(余れば翌月に持ち越し) 3GB 15GB 25GB
節約モード時の容量(速度制限時も同様) 300kbps 1Mbps 1Mbps

※価格はすべて税込金額です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBE

月額料金 1,078円~
初期費用 3,300円
通話料 22円/30秒
解約金・違約金 解約事務手数料:1,100円

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/?cl=head_logo_mobile
※価格はすべて税込金額です。

「BIGLOBEモバイル」は、ビッグローブ株式会社が提供している格安SIMです。docomo回線とau回線に対応しているため、どちらかでスマホを購入された方は、スムーズに利用を始められます。

BIGLOBEモバイルの注目すべき点は「エンタメフリーオプション」です。これは、YouTubeなどの動画ストリーミングサービスを利用する際に、データを消費せずに楽しめるというものです。

エンタメフリーオプション対象サービス一例
  • YouTube
  • U-NEXT
  • Abema TV
  • Spotify
  • Apple Music etc...

また、複数の端末でデータ容量を共同で利用できる「シェアSIM」というサービスも魅力です。例えば、家族でそれぞれが使っているスマホのデータをシェアできます。

家族で乗り換えをしようとすると、以下のような縛りで手続きがややこしくなりがちです。

  • 契約者と支払者の名義が一致している必要がある
  • 利用したい人数分、別々に申し込む必要がある

これは多くの格安SIM・スマホ事業者によく見られる特徴です。しかし、BIGLOBEモバイルの場合、こういった手間がかからずに契約できる点がメリットだと言えるでしょう。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

音声通話SIM SMS機能付きデータSIM データSIM
1GB 1,078円
3GB 1,320円 1,122円 990円
6GB 1,870円 1,727円 1,595円
12GB 3,740円 3,102円 2,970円
20GB 5,720円 5,082円 4,950円
30GB 8,195円 7,557円 7,425円

※価格はすべて税込金額です。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y mobile

月額料金 2,178円~
初期費用 3,300円
通話料 22円/30秒
解約金・違約金 機種・プランにより異なる

出典:https://www.ymobile.jp/
※価格はすべて税込金額です。

ワイモバイルはソフトバンクの子会社に位置する、格安スマホ業者です。ソフトバンクの通信設備が利用できるので、通信速度も安定しています。

月額料金は安くなりますが、ソフトバンクと同じような品質の通信を行えるようになっている点がメリットです。

料金プランは分かりやすいので、シンプルな料金プランが好みの方におすすめです。

ソフトバンク光などの、ソフトバンクグループが提供するサービスを使うことで割引を受けられるのも大きなメリットでしょう。

ワイモバイルの場合全国に800以上の店舗があるので、スタッフの直接サポートが受けられるのも安心ポイントです。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン

S(3GB/月) 2,178円
M(15GB/月) 3,278円
L(25GB/月) 4,158円

※価格はすべて税込金額です。

格安SIMに関してよくある質問

格安SIMとは?
格安SIMはau・ドコモ・ソフトバンクなどの大手キャリアよりも比較的安く利用できるサービスのことです。

また、SIMとは利用している個人を識別するための番号で、SIMカードをスマホに挿入することでモバイル通信や通話などの機能が利用できます。

MVNOとは?
MVNOは格安SIMを提供している事業者のことで「仮想移動体通信事業者」を意味しています。

MVNOはau・ドコモ・ソフトバンクなどの独自回線の一部を借りていてそれを利用者に提供しています。

格安SIMはどうして安い?
格安SIMは大手キャリアに比べて人件費や宣伝広告費を抑えているので安く利用することができます。

また、回線を持っていないので回線の保守や維持にお金が必要ないことも理由のひとつです。

格安SIMにはどんな特徴がある?
格安SIMは通話タイプや通信タイプなどSIMカードをタイプを選ぶことができます。これによって自分に利用状況によったSIMカードを選ぶことが可能となっています。

また、キャリアと比べると契約の期間が短かったり、縛り自体がないものもあり、柔軟に選ぶべる点も特徴です。

格安SIMはどうやって始める?
格安SIMは、インターネット・店舗・家電量販店などから申し込むことができ、一般的にはインターネットからの申し込みが多いです。

現在利用しているスマホのまま格安SIMに乗り換える場合は、動作確認ができている端末かチェックして、SIMロックの解除をする必要があります。

格安SIMのメリットは?
格安SIMは月額料金が安く料金プランも豊富なので、自分に合った安い料金プランを見つけることができる点がメリットです。

また、キャンペーンや特典の適用でさらにお得に利用したり、契約期間が短いので柔軟にプランを見直すこともできます。

格安SIMのデメリットは?
格安SIMは店舗を持っていなかったり、持っていてもキャリアに比べて店舗数が少なかったりして、サポートを受けづらいというデメリットがあります。

また、キャリアの一部回線をレンタルして利用者に提供しているので、混雑する時間帯には速度が遅くなってしまうこともあります。

まとめ

今回は格安SIMについて基本からメリット・デメリットなどを紹介しました。

サポートが受けにくかったり、速度が遅くなることはある格安SIMですが、自分に合ったMVNOと料金プランを見つけることができればお得にスマホを利用できます。

今回紹介したメリットやデメリット、注意点を抑えながら自分に合った格安SIMを選んでください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事